sunday-labの日本語訳版です。英語版のXOOPS Cube関連記事を翻訳作業中...

2008年8月13日水曜日

次のBASEは様々なブラウザに対応(予定)

私達が開発を行っている次の BASE は携帯を含む様々なブラウザに対応するでしょう。そして、それは XCL より軽く動作します。プロジェクトはホビーライフのために XOOPS Cube を開発しています。したがって、携帯電話、 Wii の Opera、PLAYSTATION3 のブラウザ、 iPod touch/iPhone の safari に対応するのはホビーライフをとことん堪能するためには必須事項といっても過言ではありません。当たり前ですが、 Wii を使う時には、 Wii リモコンのボタンを使ってコントロールパネルを操作できるべきです。そして、私達は、より多くの人がハンディキャップなしで一緒に XOOPS Cube のもたらす趣味の生活を楽しめるように(米国リハビリテーション法などの)アクセシビリティのルールに対応しなければならないでしょう。

XCL は"レガシー"なアプリケーションですので、わずかな XCL の開発者が直接モバイル対応するために多くの時を費やすのは賢明ではありませんでした。しかし、次の段階(次の BASE)ではこの課題に挑戦します。

しかしながら、 BASE の開発者がすべきことは多くはありません。もし BASE がフレキシブルなテンプレートシステムとフレキシブルなメインシーケンスを備えていれば、マルチブラウザへの対応は可能です。焦点はテンプレートリソースの供給方法にあります。

すべての開発者がすべてのブラウザを持っているとは限りません。同様にすべてのデザイナーがすべてのブラウザを持っているとは限りません。PCのブラウザはダウンロードすれば簡単に揃えられますが、WiiやPLAYSTATION3のブラウザは本体を購入しなければ手に入りません。また、たとえ一人の開発者がすべてのブラウザを持っていたとしても、すべての対応実装を一人に求めるべきではないでしょう。私達にはテーマやテンプレートのために preload のようなユーザーの手元で結合してパッチするような仕組みが必要です。

言い換えれば、 XC はエンドユーザーが複数の成果物を合成することをサポートします。なぜなら、1〜2人で開発される単体のソリューションですべてのテンプレートとすべてのプログラムを実装することは困難だからです。

そのようなパッチファイルは開発者やデザイナーが作成するアーカイブに直接コントリビュートされるべきだと考えるかもしれません。しかし、彼らは市民でありサラリーマンであり家族があるため、しばしば忙しくなり、フリーソフトウェア活動を維持できなくなります。私はパッチメカニズムは私達の世界のために有益で、私達の世界を迅速なものにすると確信しています。

また、私は XCL の既存のモジュールを効率よく次の(他の) BASE へ移植するためのちょっとしたアイデア(?)を持っています。

プロジェクト管理の体制は回復しました。ですから、私は開発の再開に集中する予定です。引っ越したことが、私に自由時間を供給するはずです。

5 件のコメント:

argon さんのコメント...

PS3、Wiiとあるならゲーム機としてPSPも
加えて上げてください(笑
標準でブラウザ搭載してますし普及台数ならPS3よりも上です。
あと最近、FONと組んだWi-Fiのサービスも始まるようなので、
ますますネット接続が容易になると思います。
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0808/22/news082.html

minahito さんのコメント...

落として紛失して以来ノー PSP デーが続いています。買い直すまで待ってください。もしくはプレゼントしてください(爆)

まぁでも PSP 直接対応というより、実際にはテンプレートの供給や切り替えなどのシステムを積んで対応しようという主旨の話なので、僕が持ってるかどうかは重要じゃないですけども。(^^;

argon さんのコメント...

PSPxFONのサービスは公式サイトしか閲覧
できないようでした・・・orz

PSP紛失ですか~今度の新機種の3000番台
液晶も綺麗そうだしいい感じです~
この機に買ってみるのもいいかも!^ー^

匿名 さんのコメント...

「外国で日本のテレビを見たい!」と妻が言う。その方法を調べてみた。
我が家は2,5,6です。
知人も利用していて実績があるのが2です。
ホテル居住時と外国の外国人向けマンションに住んでいたときは1でした。

1,ホテル・外国人居住者の多いマンションに住む
【長所】
大概NHK BS1,BS2,Worldが視聴できる。その他、番組多数。
何の心配もなくテレビを付ければ当たり前のようにうつる。
【短所】
それなりの家賃が必要。

2,インターネットテレビを見る
自宅にADSLなどのブロードバンドをひいているのであれば、次のサービスがおすすめ。
jptv24.com
【長所】
パソコンとインターネット回線(ADSL等のブロードバンド)があればすぐにでも始められる
東京地上波やBSなど17局が全部見ることができる。
少々遅い通信速度でも小さい画面なのでコマ飛びがない。
NHK教育だけは無料で視聴することができ、これを見るだけでも価値がある。毎月払う安心。
技術的問題は全て面倒見てくれるので簡単。
画質がよいし、プリペイド式便利し、家のテレビに接続する。

【短所】
パソコンで見ることが前提。
入会金1万円(2004年末まで無料キャンペーン中)と月視聴料が4980円かかる。
当初懸念されていた、
パソコンの能力不足(Pentium III 500MHz、192MB)
回線の速度(0.5Mbps以上必要)
などは、問題にならず普通にテレビを見ることができます。

3,SONY ロケーションフリーテレビ
【長所】
投資したロケーションフリーテレビは日本帰国後も使える。
月額視聴料はかからない。(ただし、日本に設置場所と電気代が払えればの話)
【短所】
初期投資費用(30万円)が大きい。
設置サービスもあるが、自力でやろうとするとそれなりに知識が必要となる。
自分(外国)と家族もしくは友人(日本)でそこそこ理解していないと問題が発生したときお手上げ。 さらに、この装置を使ったビジネスで「まねきTV」というのがあり、短所である日本国内での管理を一手に引き受けてくれるサービスも存在する。
4、まねきTV
【長所】
ほぼ全ての民放が見られる。
技術的問題は全て面倒見てくれるので簡単。
画質がよい?(契約したことがないのでわかりません)
【短所】
現在著作権がらみで係争中のため、場合によっては突然打ち切られるかも。
費用はインターネットテレビ並の月5040円
画質がよい?のか回線速度300kbps以上を要求されるので、中国の遅いADSLだとコマ飛びの恐れ有り。
5、DVDでを送ってもらう。
【長所】
コストは格安、好きな番組だけ好きなときに見られる。
DVD2枚で Small Packetとして封筒で送ると120円で届く。(航空便なので約1週間ぐらいで到着)
【短所】
日本に、DVDレコーダを持っていて、録画知識とまめさを備えた家族なり、友人なりの協力が不可欠
たまに、遅配になったり、ごくまれに届かないこともある。(中国の郵便事情?)
税関に開ける権限ががあるため、袋が破られることもある。
6、地元のケーブルテレビ局と契約する
【長所】
テレビで普通に視聴することができ、画像も当然テレビ画質
日本のテレビ番組だけでなく、CNNなど欧米の番組などが視聴できる。
費用は初期費用1200ドル、月50ドルとインターネットテレビと比較して安い。(ベイルンの場合)
【短所】
NHK Worldしかうつらない。民放はダメ。
ケーブルテレビ局があることが前提
7、巨大パラボラアンテナを自分で取り付け、衛星放送を受信する。
【長所】
中国国内の作業だけで完結するので、日本側での作業がいらない。
【短所】
巨大なパラボラアンテナを設置したり、チューナーを設置したり、技術的ハードルが高い。
パラボラアンテナが当局に見つかると没収されるとの噂を聞く。(違法?)
インターネット上や広告ビラなどで、この手の広告を見かけるがちょっと怪しい。

匿名 さんのコメント...

私がこちらに来てから、最初の2か月間はそのシステムを知らなくて、
ずーっと地元テレビのMTVを見ていました。
英語もドイツ語もわからないし(涙)
本当につまらないので帰宅後はネットだけ・・・
毎晩10時には就寝したりして

ところが、偶然見つけたのです

パソコンの画面(実際、テレビにもつなげられるみたいですが)で
Windows Media Player 使うと見ることができます。
(初期費用や、なんらかの機器を買う必要もありません)
おかげで、ドラマもオンタイム、ニュースも見ていますから、
最近、早い帰宅必須です(笑)

申込みは簡単です
www.uriptv.com
上記のURLで確認してみてください